柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

柔道整復師国家試験

感覚について誤っているのはどれか。

網膜-三叉神経
味蕾-顔面神経
コルチ器官-蝸牛神経
半規管-前庭神経


心臓の神経支配について誤っているのはどれか。

自律神経に属する二つの遠心性神経の支配を受ける。
交感神経は心臓機能の促進をもたらす。
迷走神経は洞房結節興奮の頻度を低下させる。
心臓神経の中枢は間脳の視床下部にある。


大腿部肉離れ(筋断裂)の応急処置で誤っているのはどれか。

安静
冷却
圧迫
牽引


手術について正しいのはどれか。

デブリドマンとは植皮術のことである。
穿刺術は疾病の診断や治療に用いられる。
切開・排膿は悪性腫瘍の根治術である。
ドレナージとは開胸式心臓マッサージのことである。


下肢長について正しい組み合わせはどれか。
a,大転子-内果
b,大転子-外果
c,上前腸骨棘-内果
d,会陰部-踵部足底

a,b
a,d
b,c
c,d


柔道整復師免許証の再交付事由として誤っているのはどれか。

免許証を破ったとき
免許証を汚したとき
免許証を失ったとき
免許証の有効期限が切れたとき


大脳髄質に存在するのはどれか。

黒質
内包
中心管
第4脳室


A君(14歳、男子)は、心室中隔欠損症のために通院している。母親とともに外来を受診しているが、母親がトイレに行った際に、A君は「自分の心臓のことはよく理解しているし、もう1人で受診したいけど、母さんが心配だから一緒に行くってうるさくて」と看護師に話した。看護師の最初の対応として適切なのはどれか。

母親にA君への関わりが過保護だと伝える。
母親の心配を理解してあげなさいとA君に話す。
次回からは1人で受診してもよいとA君に話す。
母親がいない場でA君の気持ちを聴く機会をもつ。


炎症における滲出について正しいのはどれか。

障害された組織から出る刺激因子の働きにより肥満細胞や血小板などから種々の起炎物質が放出される。
起炎物質にはヒスタミン、セロトニン、メラニンなどがある。
起炎物質の作用により局所の大静脈が拡張し毛細血管の透過性が亢進する。
滲出はまず白血球などの血球成分が血管外に遊出し、ついで血漿成分が流出して炎症性浮腫などの状態となる。


正しいのはどれか。

動眼神経は感覚性線維が主である。
三叉神経は副交感神経線維を含む。
顔面神経は運動性線維が主である。
迷走神経は交感性線維を含む。


柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター