柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

あん摩マッサージ指圧師について

あん摩マッサージ指圧師の主な仕事内容

■あん摩マッサージ指圧師とは

あん摩マッサージ指圧師は、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」(あはき法)で定められた国家資格(免許)を持っている人を指します。

名称は一つにくくられていますが、「あん摩」「マッサージ」「指圧」はそれぞれに発展してきた別の療法です。

しかし三者とも「揉む、押す、叩く、撫でる」などといった手技で患者の不調を改善するという共通点があり、法律上は一つの資格とされています。

また、あん摩マッサージ指圧師の免許だけでなく、はり師・きゅう師の免許も合わせて取得する人も多いため、この3つの免許を持つ人を「あはき師」「鍼灸マッサージ師」「三療師」と呼ぶこともあります。

2016年の時点で、あん摩マッサージ指圧師の全国就業者数は116,280人でした。2006年の調査では101,039人で、年を追うごとに少しずつ増加しています。

■治療の対象

あん摩マッサージ指圧の治療対象となるのは、主に関節や筋肉の動きに不調を抱えた人で、例えば骨折の後に障がいが残った人に対する、手技による回復・治癒のサポートなどを行います。

治療の視点も、症状を抑えることだけではなく、人が本来持つ自然治癒力を引き出して快方に向かわせる、ということに重きを置いています。

また、あん摩マッサージ指圧は東洋、西洋、日本と多様なルーツを持つため、それぞれの視点を導入し、特長をいかして患者の治療にあたります。

患者の治療に際しては、症状によって療養費に保険を適用することができますが、医師の同意が必要とされています。

■治療以外の仕事

施術所でのあん摩マッサージ指圧師の仕事は、患者への施術が中心ですが、それ以外にも、院内のキャリアに応じて開店準備、院内の清掃や、保険請求業務(レセプト業務)などを行います。

治療が進行中の患者については、その日常生活に関して適切な指導管理を行い、スムーズに快癒に向かうよう注意を払うことも必要とされます。

また、スタッフ同士の治療に関する勉強会や、個別の研究、研修への参加なども行います。

ほかにも、医療機関に勤務する場合は医師や療法士と連携を取りあったり、介護施設で働く場合は通所者の送迎を行なったりする場合もあります。

■仕事のスタイル

あん摩マッサージ指圧師は、免許を取得すれば独立開業が可能なため、治療院の経営者として開業を目指す人、独立開業ではなく勤務施術者として働き続ける人とに分かれます。

独立開業をする場合も、施術者・管理者としてのスキルが必要になるため、数年~十数年の勤務期間を経て開業する人が多いようです。

あん摩マッサージ指圧師の勤務する職場は、マッサージ院や整骨院などの施術所の他、訪問マッサージ、整形外科などがあります。

医療現場だけでなく、スポーツ系の企業に入社したり、プロ団体の専属になるなどして、アスレティックトレーナー(スポーツトレーナー)として活躍する人もいます。

また、介護業界でも「機能訓練指導員」として働くことができ、利用者へのリハビリ、看護師やケアマネジャーへの申し送りやリハビリ計画の作成、施設内の清掃、送迎業務などを行います。

単独の資格だけでなく、鍼灸師や柔整師、民間資格などを併せ持つことで、あん摩マッサージ指圧師が活躍できる場はさらに広がります。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター