柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

機能訓練指導員 (1)

介護福祉施設などで勤務する「機能訓練指導員」の資格要件に、平成30年から鍼灸師(はり師・きゅう師)が追加されました。

これにより、鍼灸師の活躍の場が広がります。 機能訓練指導員の仕事内容、及びその将来性は以下のようなものです。

■機能訓練指導員とは

「機能訓練指導員」とは、介護施設などにおいて、要介護者が日常生活運動を自立して行なえるよう、運動の指導や健康管理業務を行う人を意味します。

厚生労働省は、機能訓練指導員について、以下のいずれかの資格を有する者と規定しています。

・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師
・鍼灸師(※平成30年から追加)

上記で分かる通り、「機能訓練指導員」は職種名称であって、「はり師・きゅう師」のように特定の資格を意味するものではありません。

従って、上記8つの資格のいずれかを保有している人で、かつ機能訓練指導の業務に携わっている人が機能訓練指導員である、ということです。

その他の資格を持っていて、機能訓練指導に類似した仕事に携わった実績があるとしても、機能訓練指導員を名乗ることはできません。

特別養護老人ホームや、デイサービスなどの施設には、機能訓練指導員を1人以上配置するように義務付けられています。機能訓練を行った場合、介護報酬上の評価が単位として付与されます。

この、機能訓練指導員の仕事は「リハビリ」と混同されることもありますが、目的が以下の通り異なっています。

<リハビリ>
何らかの理由で損なわれた身体機能の原状回復を目指す

<機能訓練指導>
怪我・病気・老齢などで生じた障害に対し、日常生活動作を行うための身体機能改善を目指す

ちなみに、機能訓練指導の現場では「ADL」という言葉がしばしば使われますが、これは「Activities of Daily Living」の略で、「日常生活動作」を意味します。

■機能訓練指導員になるための条件

鍼灸師が資格対象に追加された背景には、昨今問題となっている介護業界での人材不足があります。

また、鍼灸師の資格を持つ人が、機能訓練指導に類似する業務に携わっている事例がすでにある、という現実面も影響しているようです。

ただし、鍼灸師を対象資格に加えるにあたって、単に従来の資格要件に追加されるだけではなく、当面は下記のような条件が付加されます。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師又はあん摩マッサージ指圧師の資格を有する機能訓練指導員を配置した事業所で6月以上勤務し、機能訓練指導に従事した経験を有すること

上記の条件をクリアすれば、鍼灸師の資格を持つ人が介護業界などでさらに活躍の場を広げることができるようになります。

■機能訓練指導員の仕事内容

機能訓練指導員の業務内容は、筋力低下の予防などを目的とした運動の指導・管理が主となっているため、鍼灸師が施術所などで一般的に行っている施術とは内容が異なります。

しかし、人の身体のしくみを学んできた鍼灸師にとって、特別養護老人ホームやデイサービスなどの施設での機能訓練は、自らが持つ知識や技術、経験を活かして働くことができる場でもあります。

機能訓練指導員の具体的な仕事内容は、主に以下のようなものです。
・筋力トレーニング、生活運動の訓練、マッサージ
・個人の訓練プログラム作成
・集団訓練やレクリエーションのメニュー作成
・バイタルチェック(呼吸、心拍、体温、血圧などの確認)
・訓練結果の観察、評価
・介護用機器の選択と使用アドバイス
・利用者の送迎
・ほか施設内の諸業務
(※実際の職務内容は各施設によって異なります)

諸業務の内容は、勤務する施設の方針によって、事務作業や職員のサポート業務、施設内のイベント運営、その他雑務など様々です。

参考までに、通所施設に対して行われた調査の結果では、機能訓練指導員の中で3分の2にあたる人が他の業務と兼務している状況だという結果が出ています。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター