柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

業界の動き (1)

鍼灸の業界は時代と共に変遷しており、近年は特に大きな変化がいくつもありました。

その内容は、今から鍼灸師を目指す人から、ベテランの鍼灸師に至るまで広く関わるものです。 主なものをいくつか紹介します。

■機能訓練指導員の要件へ追加

介護福祉施設などで勤務する「機能訓練指導員」になるための要件は、従来は以下の資格保持者に限られていました。

・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・看護師
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士

平成30年からは、鍼灸師の資格も対象として追加され、介護業界の人材不足などの問題を解消する方向で進められています。 ただし、要件追加において下記の条件が付与されています。

「柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、看護職員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の資格を有する機能訓練指導員を配置した事業所で6月以上勤務し、機能訓練指導に従事した経験を有すること」

介護福祉の業界は、超高齢化社会の到来を見越して今後の成長が期待されており、鍼灸師の活躍の場も広がっていくことと思われます。

■受領委任の導入

鍼灸の療養費の支払では、一旦患者が全額を負担し、後に保険者に対して患者自身から保険負担分を請求する「償還払い」が原則です。

この償還払いは患者側の負担が大きいため、保険の請求・受領を施術者や業者が代行する「代理受領」が認められています。

しかしこの代理受領で不正が相次いだため、柔道整復の施術所の例に倣い、鍼灸の施術所でも「受領委任制度」を導入することになりました。

受領委任制度は、都道府県や地方厚生局長への届出が必要であることなどから、比較的行政が管理しやすい制度だとされています。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター