柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

国家試験 (1)

「はり師」「きゅう師」は共に国家資格です。 国家試験に合格した人でなければ、業として施術を行うことはできません。

■年1回実施の国家試験

はり師・きゅう師の国家試験を受験するには、国の規定に基づき、下記の要件に適合していることが必要になります。

・学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することができる者
・上記に加え、3年以上文部科学大臣の認定した学校、又は厚生労働大臣の認定した養成施設(専門学校)で必要な知識及び技能を修得した者

このように、はり師・きゅう師になるためには規定の教育を受けることが必要となっており、独学などによる勉強では、国家試験を受験することができません。

試験は「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」に基づき厚生労働大臣が行うものとなっていますが、実際の運営や事務は、同法規定により指定された「公益財団法人 東洋療法研修試験財団」(以下・財団)が行っています。

従って、受験申込から免許の取得までは、財団に申込や手続申請を提出することになります。

はり師・きゅう師の国家試験は、毎年1度、2月に実施されます。試験日程は、9月頃に厚生労働大臣名義で発表され、厚生労働省及び財団のホームページに掲出されます。

■受験に関する流れ

はり師・きゅう師の国家試験を受験し、免許を取得するためには、以下の手順を踏む必要があります。

1.必要な書類を揃え、財団に提出・送付する
 必要な書類の内訳は、受験願書、写真、入力票、卒業証明書または卒業見込証明書です。 受験願書には、受験手数料振込の証明書又は明細書貼付が必要です。

2.受験票の受領
 上記の書類送付後、受付が完了した人に、財団から受験票が郵送で送付されます。

3.必要な持ち物を準備し、試験実施日に会場で受験
 必要な持ち物は、受験票、HBの鉛筆、消しゴム、昼食です。

4.合格発表の確認
 発表の方法については、下記「合格発表・免許取得」の項を参照。

5.合格者は、免許交付の申請(名簿登録)を行う

試験は通常、午前の部・午後の部に分けて、1日を通して実施されます。平成30年実施の試験時間は、9時~11時と、13時10分~15時10分となっています。

また、試験会場は全国各地の指定された場所です。 平成30年実施の試験では、北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県の11会場で実施となっています。 具体的な場所は財団のホームページに掲載されています。

在住地域の近隣で実施されていない場合は、上記の中から受験地を選び、現地に出向く必要があります。

最新の試験の具体的な場所や時間は、財団および厚生労働省のホームページ上で事前に公開されます。 受験する人は確認しておきましょう。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター