柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

開業し院を経営する (1)

鍼灸師になることの大きな魅力のひとつが「独立開業して自分の院を持てる」という点です。

これは、はり師・きゅう師免許を持つ人全てに与えられる資格であり、自分自身をステップアップさせていく上で大きな目標の一つになります。

■鍼灸師の開業率

厚生労働省のデータによると、はり師・きゅう師の免許を取得後に施術所を新規開設した人は全体の約3割となっています。

残りの7割の人は、施術所や医療施設、介護福祉施設などで施術師として勤務しており、施術業界とは全く別の職に就いている人も一部いるようです。

平成30年に新しくはり師・きゅう師免許を取得した人が3千人弱だったことをふまえ、前述の数字を当てはめると、およそ800~900件の施術所が新しく誕生することになります。

これらの数字は年と共に変化し、地域などによっても異なってきますが、およその目安として捉えておくと良いでしょう。

■鍼灸業界の現況

独立開業すること自体は難しいことではありませんが、鍼灸院や鍼灸整骨院は数多く存在するため、その中で生き残っていくための知識や技術を身につけておく必要があります。

参考までに、平成28年の調査で、「鍼灸を行う施術所」は全国に28,299ヵ所、「あん摩マッサージ指圧及び鍼灸を行う施術所」は37,780ヵ所ありました。 同年の、就業中のはり師は116,007人、きゅう師の数は114,048人という結果です。

10年前と比較すると、「鍼灸を行う施術所」の数は約1.6倍、「あん摩マッサージ指圧及び鍼灸を行う施術所」は約1.1倍です。 就業者数では、はり師・きゅう師ともに約1.4倍に増えています。

また、同業者との競争はもちろん、経営者になるためには、開業後も貪欲に学び続ける姿勢や、雇用しているスタッフの生活を保障する覚悟も必要です。

こういった状況をふまえて、免許を取得してすぐに開業するよりも、一定の実務経験を身につけて独立開業することの方が現実的だといえます。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター