柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

海外で働く (1)

東洋医学に基づく鍼灸治療は、投薬や外科的治療を伴わない代替医療として、世界で注目されています。

また、慢性的な症状の解決だけでなく、スポーツや美容など、鍼灸師が活躍する場は広がりを見せ、国内の鍼灸師や鍼灸師を目指す人達も、海外に視野を広げています。

ただし、海外で鍼灸師として活躍するためには、様々なハードルがあることを理解しておかなくてはいけません。

アメリカの場合

例として、アメリカで鍼灸師になる場合のプロセスを紹介します。

アメリカは代替医療への理解が深く、鍼灸もその一つと位置づけられ、鍼灸による治療は大きく進歩しています。高い将来性を持っていることもあり、日本国内の鍼灸師からも注目されています。

アメリカで鍼灸師の免許を取得するには、ACAOM(鍼灸東洋医学認定委員会)という団体が認定した大学で、大学院卒業資格を取得していることが必須になります。3年程度の履修が必要です。

この卒業資格を取るには、現地の日本人コーディネーターなどを介して鍼灸大学に留学し、語学の勉強とあわせてアメリカの鍼灸学を学ぶ、という方法などがあります。

卒業資格取得後に鍼灸免許を取得しますが、アメリカでは州によって免許制度が異なります。多くの州がNCCAOM(全国鍼灸東洋医学認証委員会)の免許制度に準拠していますが、独自の基準を採用している州もあります。

希望する州の制度に合った免許を取得した後は、職業鍼灸師として就労ビザを取得します。無事にビザが発給されてはじめて、鍼灸師としてアメリカで働くことができるようになります。

他にもさまざまな壁

上記ではアメリカでの例を紹介しましたが、海外で鍼灸師として働く場合、国によって多くの困難があります。

アメリカのように制度が整っている国は決められたプロセスをクリアすれば鍼灸師として就業できますが、鍼灸治療そのものが認知されていない国では、業として施術を行うことができない場合があります。

また、言語の習得も壁になります。海外で働くためには、英語や、就労先の国の公用語をマスターする必要がありますが、鍼灸や東洋医学の概念をうまく伝えながら、問診で患者から情報を聞き出し、的確な治療を行うためには、高いレベルで言語を習得しないといけません。

ビザの問題もあります。業として鍼灸治療を行う場合、就労が認められるビザが必要となりますが、その国に鍼灸師という職種が存在しなければ、就労ビザの受給は認められないケースがほとんどです。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター