柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

柔道整復師について

整形外科・クリニック (1)

柔道整復師の勤務先として、主たる「整骨院」「接骨院」などの施術所の他に挙げられる代表的なものとして、「整形外科」があります。

柔道整復師が整形外科で勤務する際の内容、現況などは以下の通りです。

■整形外科での勤務内容

整形外科において柔道整復師は、医師や理学療法士などと連携し、治療やリハビリテーションの現場で活躍します。

その主な業務は、柔道整復の資格を生かしての運動療法やマッサージをはじめ、骨折や外傷での来院者に対する柔道整復の施術、ギプスなどによる固定、といった内容です。

また、デイサービスを併設している整形外科では、通院してくる要介護者に対しての運動指導やリハビリ補助、個人メニューの作成などを行うこともあります。

参考までに、「整形外科病院」「整形外科医院」「整形外科クリニック」という呼称の違いは、病床数の数が基準です。

医療法の第一条によって、病床数20以上の施設は「病院」、19以下の施設は「診療所」とされ、「医院」「クリニック」は後者にあたります。

■そもそも「整形外科」とは?

整形外科は、老若男女問わず利用する機会がある、身近な診療科目です。

取り扱う疾患は、運動器に関するものを主としており、骨、関節、軟骨、筋肉、靭帯、腱、神経などの疾病・外傷を対象にします。つまりほぼ全身が治療対象になるということです。

また、整形外科の中にも専門分野があり、脊椎や上肢・下肢、肩関節、股関節、スポーツ医学やリウマチなど多岐にわたります。

特に取扱いが多いのが、スポーツ傷害や交通事故による外傷、日常生活における骨折や打撲、捻挫などです。

この「外傷」に関する部分が柔道整復師の施術対象と重複するため、柔道整復師が整形外科で勤務することが可能となっています。

しかし同時に、取り扱う対象が重複するがゆえに競合することがあるのも事実です。

■「形成外科」との違い

時に整形外科と混同されてしまいがちな診療科目に「形成外科」があります。

両者は名称が非常に似ていますが、治療対象や内容は大きく異なります。

形成外科は、先天的な異常や、後天性の原因(病気やケガなど)によってできた身体の外見上の問題に改善を加える治療を主とする外科です。

治療対象の部位は身体の全体にわたり、やけど、怪我、手術あと、あざなどの治療をはじめ、顔面骨折の治療、腫瘍の切除などにも対応します。

つまり、大まかに言うと整形外科は運動機能の問題を、形成外科は外見上の問題を、それぞれに解決する診療科目であるということになります。

■整形外科勤務の主な特徴

整骨院などでは、通常の業務において命に関わる緊急の状況に直面することはほぼ皆無で、重篤な症状に対応することもまれです。

これに対し整形外科勤務の場合は、救急の患者への対応なども含め、緊急性を要する現場での治療にあたる機会もあります。

また、院によっては、医師や理学療法士などの補助的業務を行うことを通して、柔道整復師としての施術以外の業務を求められることもあります。

たとえばレントゲン読影などは、整形外科での勤務ならではの貴重な機会であり、それらによって得られる治療ノウハウは、柔道整復師としてのスキルを上げることにもつながります(※業務内容は院の方針によって異なります)。

勤務柔道整復師はもちろん、将来の開業を目指す柔道整復師にとって、さまざまな症例を経験することはとても重要です。特に骨折や脱臼は整形外科勤務で多くの症例を診ることができるので、修行の意味も含めて整形外科勤務を選ぶ人もいるようです。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター