柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

柔道整復師について

柔道整復師の月給、年収

柔道整復師とは、柔道整復術を行うことができる人のことで、柔道整復師として仕事をするにあたっては、専門の勉強をし、国家資格を取得する必要があります。
柔道整復師取得のためには年齢制限はなく、給与は大きく経験と役職、業種と地域によって左右されます。

未経験者と、施術の経験がある経験者では初任給としてもらう月給には差があります。
また、副院長、院長、エリアマネージャー、スーパーバイザー(SV)といった役職や、保険請求業務(レセプト)を担当する管理柔道整復師になった場合は経験者の中でも月給が高くなります。

未経験者の月給は、17万円~23万円程度、
経験者の月給は20万円~35万円程度が一般的です。
院長等の役職がついた場合は35万円~100万円ほどの月給になる人もいます。

月給については、固定給の他に患者さんの数や売上に応じて歩合給・業績給・インセンティブといった制度をとっている職場もあります。
固定給の場合は業績を賞与(ボーナス)に反映させて評価する制度があります。

患者様の信頼を勝ち取る施術の実力に加え、職場への貢献度や役職を担当することが月給アップにつながります。

整骨院・整形外科・デイサービスが主な職場となりますが、業種ごとにみると
整骨院・デイサービスより整形外科のほうが年収が高い傾向にあります。
ただし、経験者になってくると整骨院で勤務する柔道整復師も年収360万円~1200万円程度もらっている方もいるようです。

地域でみると、関東圏・関西圏がその他の地域よりも月給にして3万円程度、年収にして40万~50万程度高い地域となっています。

柔道整復師の仕事内容

柔道整復師とは、骨や関節、筋や腱、靭帯といった箇所に発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などを整復するお仕事です。
柔道整復師は独立開業が可能なため、経験を積み開業を目指す方、独立開業は目指さずに勤務柔道整復師として働き続ける方に分かれます。

主に柔道整復師の勤務する職場としては整骨院・介護施設・整形外科があります。
整骨院では、患者さんへの施術、保険請求業務(レセプト)の他、院内の清掃やスタッフ同士の治療に関する勉強会などを行います。
介護施設では利用者へのリハビリ、看護師やケアマネジャーへの申し送りやリハビリ計画の作成の他、施設内の清掃、送迎業務などを行います。
整形外科では患者さんへの施術、医師への申し送りやリハビリ計画の作成の他、院内の清掃などを行います。

柔道整復師の業務内容

柔道整復師の業務内容は業種によって異なります。
整骨院では、患者さんへの問診・視診・触診を行い、整復業務と物理療法、必要であれば固定や後療法を行います。
その他、通院に関する指導や、患者様の誘導など、治療をスムーズに受けられるような工夫を行っている整骨院もあります。
月末になると保険請求業務(レセプト)を行うため、普段の業務に加えて書類を作成する業務も行います。

介護施設では、看護師や介護福祉士とともに、機能訓練指導員として働くことができます。介護サービスを利用する利用者に対して、筋力トレーニングやリハビリ、マシントレーニングの指導を行います。個別リハビリの他、レクリエーションを取り入れる施設もあるので、利用者とのコミュニケーションを取ることも大切な仕事の一つです。デイサービスなどでは、送迎業務を行うこともあります。

整形外科では、医師や理学療法士と働き、リハビリテーション科に属することが多くあります。医師の指示の元、リハビリや整復業務を行います。

介護・福祉業界で働く

柔道整復師は機能訓練指導員として働くことができるため、介護の需要が増えるにしたがって、介護施設で働く柔道整復師も年々増えています。

機能訓練指導員とは、介護施設において、要介護者などの筋力低下の予防を目的とした「機能訓練(運動の指導など)」を行うことをいいます。
なお、機能訓練指導員は、柔道整復師のような国家資格ではありません。柔道整復師免許を持っていれば、介護保険法に基づいて、機能訓練指導員の資格を得ることができます。

機能訓練指導員としての仕事は筋力低下の予防を目的とした運動の指導が主になるため、整復業務とは異なります。しかし、筋肉や骨格の仕組みを学んできた柔道整復師にとって、介護施設でのリハビリは整骨院での経験を活かして働くことができるため、開業を目指す以外の選択肢として選ぶ方が増えているのです。
5年の勤務経験によって、ケアマネジャーを取得するための要件を獲得することもできます。
1日の業務の流れとしては8時~18時までで送迎業務も含めて勤務時間としている施設が多いようです。

独立開業について

柔道整復師の資格を持っている人や、整骨院の店舗は近年増えていっています。
過去には資格を取得してすぐに開業し、成功している柔道整復師も少なくなかったのですが、現在では整骨院の間での競争もより激しくなっています。
独立開業については、最低でも整骨院で3~5年以上勤め、治療経験だけでなく整骨院の運営経験を積んだ上でしっかりと準備をし開業することが成功につながります。
地域でどのような治療が求められているかを知り、地域に愛される院をつくることで地域医療に貢献することができます。
行いたい治療メニューや開業する場所は自分の治療技術の強みと地域の需要双方を照らしあわせて作っていくことが重要です。

転職、就職について

近年、柔道整復師の業界では売り手市場になっています。求職者よりも求人者(募集企業)が多くなっています。
理由としては、一つ目に整骨院の店舗が多くなり、特に異業種からの多店舗展開が増えて職場が増えたことがあります。二つ目には整骨院・接骨院以外にもデイサービスやスポーツ施設などで採用の需要が高まったことが原因になります。
選択肢が広がったことで、求職者は求人条件の他、社風や身につけられる技術を重視するようになっています。治療分野から介護分野まで職種も広がっている柔道整復師だからこそ、将来の目標に合わせた就職先選びが大切です。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター