柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

柔道整復師について

柔道整復師の主な仕事内容

■柔道整復師とは

柔道整復師は、「柔道整復師法」で定められた国家資格を持つ人。日本古来の柔道整復術を用いて、ケガや痛みなどから患者が回復に向かう手伝いをします。

治療では、症状を聞く「問診」、患部を見る「視診」、患部に触れて確認する「触診」を通して患者の状態を見極め、手技を中心とした治療を行います。
また、手技以外にも、必要に応じてテーピングや、包帯・ギプス・シーネ(副木)などを用いた施術を行います。
さらに、こういった施術の後にも、柔整マッサージや運動療法などを駆使した後療法を行い、できるだけ早く患者が治癒するようにサポートします。

このように、柔道整復師は患者に合わせた治療を適宜行いますが、柔道整復術は人の「自然治癒力」を引き出す治療法であり、投薬や手術は行いません。

■治療の対象

柔道整復師は様々な状態の患者の治療にあたりますが、保険を適用して治療できるのはケガによるもの。具体的には、骨や関節、筋や腱、靭帯などに発生する「骨折」「脱臼」「打撲」「捻挫」「挫傷」が対象で、それ以外は自費治療です。

また、上記の保険治療が可能な5つについても、柔道整復師が取り扱える範囲が下記のように異なります。

<骨折・脱臼>
最初の治療は応急になるため柔道整復師の判断で保険が適用できますが、2度目からは医師の同意が必要です

<打撲・捻挫・挫傷>
 柔道整復師独自の判断で保険適用の治療が可能です。

上記以外に行う施術、および長期間にわたる痛みなど慢性的な症状に対する施術については保険適用外の自費治療となります。

■治療以外の仕事

整骨院での柔道整復師の仕事は患者への施術が中心ですが、それ以外にも、保険請求業務(レセプト)や、開店準備、院内の清掃などを行います。

また、治療中の患者の日常生活について、治療の進行に基づいた適切な指導管理を行い、患部に悪影響が生じないよう注意を払うことも必要とされます。

これらに加え、仕事以外でやるべきこととして、スタッフ同士の治療に関する勉強会や、個別の研究、研修への参加などが挙げられます。施術者としてのスキルを磨くために重要な部分です。

■仕事のスタイル

現在、全国で柔道整復師として働いている人の数は約7万人。養成施設が増えたことなどもあって十数年で倍増しており、整骨院の数も年々増えています。
柔道整復師は免許を取得すれば独立開業が可能なため、経験を積み開業を目指す人、独立開業は目指さずに勤務柔道整復師として働き続ける人に分かれます。

柔道整復師が勤務する職場としては整骨院が中心ですが、他にも整形外科、介護施設、スポーツ関連の施設や企業、などがあります。

整形外科では専門医と連携の上で、患者への施術、医師への申し送りやリハビリ計画の作成、院内の清掃などを行います。
介護施設では利用者へのリハビリ、看護師やケアマネジャーへの申し送りやリハビリ計画の作成、施設内の清掃、送迎業務などを行います。
スポーツ関連施設や企業では、スポーツトレーナーとして柔道整復の専門知識を活かしながら、アスリートたちのサポートをします。ケガの回復や予防のための施術が主な仕事です。


※整骨院の開業については、来春から新制度の導入が予定されています。
おさらいしておこう!来年度施行予定・柔道整復師の「施術管理者の要件強化」を参照

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター