柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

柔道整復師について

スポーツトレーナー

■スポーツトレーナーの仕事

「スポーツトレーナー」は、「アスレティックトレーナー」「フィジカルトレーナー」などとも呼ばれ、狭義ではスポーツ選手やチームの運動指導、及びケガの治療や予防を行う人を意味します。

広義では、スポーツジムやフィットネスクラブで、トレーニングする人達の指導や補助を行い、健康をサポートする人(インストラクター)や、一般の人達に向けてメタボ予防など健康維持のための運動指導を行う人も含めて、スポーツトレーナーと呼ばれます。

スポーツトレーナーの主な仕事内容は、下記のようなものです。
・トレーニング指導
・ケガの治療と予防
・リハビリ指導
・食事・栄養管理
・生活指導、など
これらのことを、知識と経験を元に自らの判断で行います。
マッサージなどは状況に合わせて施術し、トレーニングやリハビリの際にはプログラムを作成、必要に応じてテーピング、アイシング、ストレッチングなどを施します。

■スポーツトレーナーの資格

スポーツトレーナーは国家資格ではなく、日本では職業としての明確な定義がされていないため、資格が無くてもスポーツトレーナーになることは可能です。ただし、資格を持たず、実績や経験もない人がスポーツトレーナーを名乗って仕事をするのは現実的ではないので、柔道整復師などの国家資格や、民間の資格、あるいはその両方を取得して現場での経験を重ねながらキャリアを磨いていくのが一般的です。

民間の資格は、さまざまなものが存在します。団体によって性格が異なるので、自分が目指す方向にマッチした資格を取得すると良いでしょう。

柔道整復師やはり師・きゅう師、あん摩マッサージ指圧師は国家資格であり、養成機関で規定の教育を受けていること、及びケガへの対処療法だけでなく、人の全体を見て、生活のあり方まで含めて判断する東洋医学の視点を持つこともあり、スポーツの世界にも貢献できるものです。スポーツトレーナーの資格とこれらの資格を併せ持つことは、大きな強みになるといえます。

■これからの展望

現在は、柔道整復師やはり師・きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の資格を取ってプロのスポーツトレーナーになる人はそれほど多くはありません。収入や仕事としての安定の面、活躍の場が限られていること、ある程度のキャリアが必要とされること、などが理由として挙げられます。

その反面、スポーツ先進国アメリカでは、スポーツトレーナーが職業のジャンルとして確立されており、プロスポーツの現場から学校の部活動に至るまで、幅広い活躍の場があります。アメリカのスポーツシーンに追従している日本でも、今後このような流れが取り入れられていく可能性は大いにあります。現在でも、テニス、バスケットボール、フットボールなどプロスポーツのシーンで、アメリカを拠点に活躍する日本人のプロトレーナーが存在します。

また、職業としてのスポーツトレーナーの進歩は、オリンピックの歴史と歩みを揃えています。2020年の東京オリンピック開催に関連して、今後スポーツへの注目度がさらに高まり、スポーツ人口が増えることと相まって、スポーツトレーナーの活躍の場が広がることも期待されています。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター