柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

柔道整復師について

機能訓練指導員

介護福祉施設などで働く「機能訓練指導員」は、柔道整復師の資格が活かせる職業でもあります。

この機能訓練指導員の仕事内容、及びその将来性は以下のようなものです。

■機能訓練指導員とは

「機能訓練指導員」とは、介護福祉施設などにおいて、要介護者の筋力低下予防などに向けた運動の指導・管理、その他付随業務を行う人のことを意味します。

リハビリと混同されることもありますが、目的が以下のように異なります。

<リハビリ>
 何らかの理由で損なわれた身体機能の原状回復を目指す

<機能訓練指導>
 病気・怪我・加齢などによる障害に対し、日常生活動作を行うための身体機能改善を目指す

参考までに、機能訓練指導の現場では「ADL」という言葉がしばしば用いられますが、これは「Activities of Daily Living」の略で、「日常生活動作」を意味します。

厚生労働省は、機能訓練指導員を「日常生活を営むのに必要な機能の減退を防止するための訓練を行う能力を有する者」と定義し、以下のいずれかの資格を有する人に限る、と規定しています。

・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・鍼灸師
(※鍼灸師は、平成30年に新規の要件として追加)

上記で分かる通り、「機能訓練指導員」は職種の名称であって、「柔道整復師」のように特定の資格を意味するものではありません。

従って、上記8つの資格のいずれかを保有している人で、機能訓練指導の業務に携わっている人が機能訓練指導員である、ということになります。

その他の資格(例えば介護福祉士やカイロプラクターなど)を持っていて、介護関連の仕事に携わった実績があるとしても、機能訓練指導員を名乗ることはできません。

特別養護老人ホームや、デイサービスなどの通所施設には、この機能訓練指導員を1人以上配置するように決められています。

■機能訓練指導員の仕事内容

機能訓練指導員の仕事は、日常生活を行うための筋力低下予防を目的とした運動の指導・管理が主になるため、柔道整復師が整骨院で一般的に行っている施術業務とは内容が異なります。

しかし、筋肉や骨格の仕組みを学んできた柔道整復師にとって、特別養護老人ホームやデイサービス、介護福祉施設での機能訓練は、自らが持つ知識や整骨院での施術経験を活かして働くことができる場でもあります。

そのため、整骨院など施術所での勤務や独立開業を目指すことだけでなく、機能訓練指導員になるという進路も、柔道整復師の資格を持つ人の選択肢として捉える考え方が少しずつ広まっています。

機能訓練指導員の具体的な仕事内容は、主に以下のようなものです(※内容は各施設によって異なります)。
・筋力トレーニング、生活運動の訓練、マッサージ
・個人の訓練プログラム作成
・集団訓練やレクリエーションのメニュー作成
・バイタルチェック(呼吸、心拍、体温、血圧などの確認)
・訓練結果の観察、評価
・介護用機器の選択と使用アドバイス
・利用者の送迎
・ほか施設内の諸業務

諸業務の内容は、勤務する施設の方針によって、事務作業や雑務、施設内イベントの運営、他の職員のサポート業務など様々です。

参考までに、通所施設に対して行われた調査では、就業している機能訓練指導員の中で、3分の2にあたる人が他の業務と兼務している状況だという結果が出ています(※厚生労働省、平成28年の調査結果より)。

■機能訓練指導員の仕事の魅力

機能訓練指導員の仕事は、その内容も対象も独特です。それと同時に、利用者と長時間接しながら、コミュニケーションを深めつつ訓練を重ねていくという点で、人とかかわる密度が非常に深い仕事だと言えます。

この、日々重ねる訓練の結果が、どのような成果に結びついたか感じられた時に大きな充実感が得られる、という点でも魅力のある仕事です。

また、利用者だけでなく家族との接点もあり、人とのふれあいの中で仕事ができ、かつ感謝される機会も多くあります。

実務上のメリットとしては、基本的に夜勤がなく、勤務も平日のみというところが多いため、プライベートの時間も確保できるという点があります。

また、正規職員だけでなくパートタイマーとしての求人も多くあるため、何らかの理由で働ける時間が限られている人にも、比較的就業しやすい仕事です。

さらに、ケアマネージャーや介護スタッフ、看護師、管理栄養士など様々な職種の人が現場にかかわるため、学びの機会も多い点も介護福祉業界ならではのメリットだと言えます。

■機能訓練指導員の収入

機能訓練指導員の収入は、厚生労働省の調査によると以下のような内容になっています。

常勤・正規職員の機能訓練指導員の平均基本給・・・228,700円
常勤・正規職員の機能訓練指導員の平均給与額・・・343,890円
非正規職員(パートタイマーなど)の平均時給・・・1,540円
非正規職員(パートタイマーなど)の平均給与額・・・76,860円

ただし、上記はあくまでも平均値であり、勤務先が医療施設なのか企業系の介護福祉施設なのかといった点や、保有している資格、勤務先の方針、業界でのキャリアなどによって金額は異なってきます。

柔道整復師の場合は、求人が出されている情報から推測すると、施術所勤務とおおむね同じくらいの金額になるようです。

なお、介護福祉業界は社会的ニーズの高まりに伴って全体的に人手不足の傾向にあり、今後の人材確保のためにも現場の待遇改善を求める声が高まっています。

政府もこれに応じて、対応施策を進めています。今後、給与を含めた待遇も改善されていく見込みです。

■今後の展望

職種として誕生してからまだ歴史が浅い機能訓練指導員ですが、社会の高齢化の加速などによってニーズは高まっており、機能訓練指導員として勤務する人も徐々に増えています。

こういった社会の動きに伴い、機能訓練指導員の求人は常に出ており、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師の資格保持者にとっては求職活動を行う上で重要な情報となっています。

参考までに、本サイトにおいて「機能訓練」というキーワードで検索すると、約1,300件の求人情報がヒットします(平成30年6月1日現在)。

また、機能訓練指導員は、5年(900日以上)の勤務経験を積むことによって、ケアマネージャーの資格を取得するための要件を獲得できます。

ケアマネージャーの資格は難関といわれていますが、取得した場合には介護計画を立てるなどより専門的な業務ができるようになり、介護業界でさらに有用な人材になることができるのはもちろん、自分自身のキャリアアップ、収入アップにもつながります。

平成28年の調査において、機能訓練指導員として働いている人が有する資格は、通所施設への調査結果では「看護職員」が65.6%、「理学療法士」が11.5%、「作業療法士」が6.1%、「柔道整復師」が10.7%という内訳です。

今のところ全体に占める柔道整復師の比率はそれほど多くありませんが、今後の社会の高齢化、有資格者の増加などに伴って、徐々に人気が高まっていくことが予想される仕事です。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター