柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

適性 (1)

鍼灸師の仕事では、体の痛みや不調を抱えた患者に対し、その症状を聞き、鍼や灸を用いた治療を施して症状の緩和・解決を目指していきます。

西洋医学の対処療法と異なり、「全人的治療」を行う鍼灸師には、治療技術の他にもさまざまな能力が求められます。主に以下のようなものです。

■基本的な適性

<コミュニケーション能力>
鍼灸の治療を行う上で大切なことのひとつが、問診などにおける「傾聴」と「説明」です。

症状だけでなく、患者の生活習慣や環境、行動などをつぶさに聞いて、治療の方向性を判断し、患者に分かりやすく伝える能力が求められます。

<観察力>
患者の言葉だけでなく、血色や姿勢、歩き方、声の調子など人全体をくまなく観察し、そこから何かを見つけ出す力も必要です。

医療行為ではどの業界でも大切なことですが、東洋医学ではとりわけ重要なポイントとなります。

<器用さ・几帳面さ>
鍼や灸、治療機器を扱う上で、正確な治療を行うためには手先の動きにも正確さと器用さが求められます。

経絡・経穴に正しく施術し、治療効果を最大限に引き出すためにも、丁寧で緻密な対応が必要です。

<清潔感>
治療に携わる人全てに言えることですが、「清潔感」は施術師の最重要事項のひとつです。患者に対する印象と、感染や事故を防ぐという両面で必須とされています。

身なり、服装といった外見的なことはもちろん、自分の身体および使う器具すべてに衛生面での気配りを怠らない人が鍼灸師に向いています。

■問題解決に向かう忍耐力・集中力

<トライアンドエラーを続ける力>
鍼灸の治療には正解がありません。効果があった時だけでなく、うまくいかなかったときの理由もじっくり研究し、解決策を考え、治療の精度を上げていく力が求められます。

<患者と二人三脚>
治療を進める上で、患者からの信頼を得ていないと良い結果は望めません。 どんな相手でも、時間をかけて信頼関係を着実に深めながら、心理的な面でのサポートもできる人が向いているといえます。

<インシデントを見逃さない>
治療行為で最も避けなければいけないのが治療上の施術ミスや、事故です。 大きなミスや事故に至る前段階のインシデントが発生した時点で、それに気づき、原因の追及をして対策を立てることができなくてはいけません。

■学び続ける力

<温故知新>
鍼灸の治療には、東洋医学に基づく独自の人体知識が必須ですが、同時に解剖学や生理学など西洋医学の知識も必要になります。 さらに、医学の進歩にも日々興味を持ち、それらを学びながら治療に反映させていく創意工夫も求められます。

<ニーズをつかむ>
医学の進歩と同様に、世の中も変化していきます。 現代病などの新しい病気や、不妊治療などの世の中の動き、美容鍼灸のような流行にも目を光らせ、それらの流れをつかんでいくことが鍼灸師としての成功への近道です。

<自分のスタイルを確立する>
鍼灸の世界で成功している人は、その多くが、それぞれ自分の治療スタイルを確立し、その根拠(エビデンス)も語ることができるスタンスを持っています。

経験の中で自分の発見を積み重ね、それらを統合して「自分流」の治療法を作り上げることができる能力が必要となります。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター