柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

訪問鍼灸

■訪問鍼灸の仕事

訪問鍼灸は、主に高齢者を対象にすることが多い仕事です。自力での通院ができない患者などに対し、自宅での鍼灸施術を行います。

自力通院ができない、というのは、加齢やケガ、麻痺などのため歩行が難しかったり、寝たきりの状態で生活したりしている人を主に意味します。

こういった患者は。健康な人に比べて運動量が少ないため、筋肉の働きは鈍くなり、関節の動きも衰えていきます。運動ができない生活をしている限り、この傾向は変わらず、徐々に悪化してしまいます。

こういった人に向けて、自宅にいる状態で鍼灸治療を施し、身体に刺激を与え、生活状態に近づけて回復をめざしたり、痛みを緩和したりするのが訪問鍼灸の仕事です。

■訪問鍼灸の療養費

訪問という形態であっても、鍼灸治療としての取り扱いは同じなので、訪問鍼灸をすることができるのは「はり師・きゅう師」の国家資格を有する施術者のみです。

治療を目的とした行為なので、医療保険を適用することができ、利用する人の負担額は数百円程度のケースが多いようです。

ただし、「鍼灸」という名目でも、美容やリラクゼーションを目的としたようなものは治療行為ではないので、保険の対象外となります。

さらに、「はり師・きゅう師」の有資格者であっても、自己判断で全て采配できるわけではなく、医師の同意があってはじめて医療保険適用の施術をすることができます。

■仕事のやり方

訪問鍼灸の仕事をする方法としては、大きく分けると、個人もしくは自分の院で直接受託する方法と、患者から治療の依頼を受ける会社などから間接的に受託する方法があります。

個人もしくは自分の院で受託する場合、患者から訪問鍼灸の依頼が飛び込みで入るケースはまれなので、サービスをしていることをPRし、自分から働きかける必要があります。

一般的には、介護施設やケアマネージャーに働きかけ、訪問鍼灸の仕事を紹介してもらうことが多いようです。

上記の方法ではなく、訪問鍼灸のサービス会社に仲介してもらう場合は、その会社に社員として入社したり、アルバイト・パート登録をしたりして仕事にあたるケースや、フランチャイズとして経営する、または有資格者としてサービス会社に登録する、といったケースが考えられます。

■収入は?

訪問鍼灸による収入は、個人で直接請け負っている場合だと訪問件数や施術内容によって異なりますが、1件平均3,000円程度のサービスを提供し、1日に7~8件を訪問したとして概算2~3万円くらい(1日あたり)になります。

また、会社に所属して社員として仕事をする場合、月収で20~40万円くらいが相場です。こちらはインターネットの求人サイトなどでも確認できます。

アルバイトとして訪問鍼灸を行う場合は、時給1,000円~1,500円が中心で、会社によって幅があります。出勤時間や場所も患者からの治療依頼に応じてフレキシブルに行うことになります。

もちろん、上記についてはその人のキャリアや、仕事をするエリアなど、諸条件によって金額は変わります。あくまでも目安の金額ですが、今後は社会の高齢化によってニーズの高まりも見込まれる仕事だということもあり、その人の努力とサービスの向上で収入増が見込めます。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター