柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

アルバイトで働く

鍼灸師の主な職場である「鍼灸院」などの施術所で仕事をする場合、アルバイトで働くという選択肢もあります。

この場合、正社員との違いや、メリット・デメリットをきちんと把握して就業する必要があります。

■鍼灸アルバイトの状況

求人状況を見ると、アルバイト鍼灸師の求人を出している院は多く見られます。

アルバイトの時給は地域などによって異なりますが、おおむね900円~1,500円の範囲内で分布しています(2018年2月現在)。

院が求人を出す理由は、「人手不足の欠員フォロー」が主なものですが、正社員ではなくアルバイトで募集するのは「人件費を抑えたい」「すぐに働いてもらいたい」「長期の雇用ができるか不透明である」など、様々な理由があります。

鍼灸師として長く仕事をしたい場合は、漠然と仕事を探すのではなく、院がアルバイトを募集している理由と、自分がアルバイトで働きたい(働かなくてはならない)理由を、共に把握・整理しておいた方が良いでしょう。

■学生の場合

現在、養成施設に通っている学生の場合は、昼は鍼灸院でアルバイトをして、仕事の後は夜間学校に通う、といったことも可能です。

学生アルバイトの仕事の主な内容は、施術に使用する道具の準備や施術者の補佐といった助手業務、受付、院内の掃除・片付けなどの雑務です。

この場合、学校での勉強と院での実務を同時に学ぶことができます。ただし、はり師・きゅう師の免許を未取得であれば、当然患者への施術はできません。

学生の時給相場は、前述の範囲の中でも低い金額になる場合が多いので、「お金を稼ぐ」と同時に「現場研修もできる」という付加価値を合わせて考えることが必要になります。

また、就労先の方針や、本人の働き方次第では、卒業後にそのまま就職という道が開ける場合もあります。そういった面もふまえ、担当する仕事は責任を持って遂行することが大切です。

■社会人の場合

社会人の場合は、自分のライフスタイルに合わせた勤務時間で働ける、というメリットがあります。業界内転職で、新しい勤務先が見つかるまでのつなぎの時期に勤務することも可能です。

ただし、あくまでもアルバイトなので、正社員と比較して福利厚生や諸手当の充実度には差があります。多くの場合、ボーナスも発生しません。

また、後に正社員になろうとした際に、履歴書にアルバイト勤務のキャリアを記入することになり、その点について聞かれることもあります。

そういった際には、「転職の合間にも技術を高めるためにアルバイトで就労していた」などといった前向きな理由がないと、マイナス評価につながる可能性もあります。

技術を磨いてスキルアップしたい、将来開業したいという方は、充分な時間を取って経験を積むことができる正社員を選ぶ方が良いでしょう。

■双方のメリットを生かした働き方を

様々な事情でアルバイトをしたい、あるいは、アルバイトとして働かざるを得ない場合は、勤め先の繁忙時間と、勤務希望日時を擦りあわせながら、勤務形態を考えていくことになります。

自分の都合を最優先で考えると、働ける就労先も限られてしまい、院の側からも「制約の多い人」と捉えられてしまうので、できるだけ柔軟な対応がとれるように準備をしておきましょう。

また、勤務態度や意欲など、努力次第では正社員登用の可能性もあるので、アルバイトでも誠心誠意、真面目な態度と学びの姿勢を持って仕事に向き合いましょう。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター