柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

国家試験対策・過去問

■試験は四択、正答6割以上が合格ライン

年に1回実施される「はり師国家試験」「きゅう師国家試験」では、午前・午後で各80問ずつ、合計160問が出題されます(※はり師・きゅう師いずれか一つのみ受験の場合は午後70問)。

回答はマークシートの四者択一制です。以下に問題の例を示します。

<問題>三焦を通って全身に分布する気はどれか。
 (1)原気
 (2)宗気
 (3)営気
 (4)衛気

この問題は、2017年実施の第25回国家試験から引用しています。ちなみに、正解は(1)です。

但し、全ての問題が正答1問のみというわけではありません。直近5年間の国家試験では、正答が2つ以上存在するものが毎年1~3問ありました。

試験合格の基準は、はり師・きゅう師の単一資格受験問題数150問のうち90問(正答率6割)以上を正解することが条件とされています。

試験問題は養成校で学ぶ内容に準じて作成されているので、教科書と授業で学んだことが正しく頭に入っていればクリアできます。

過去に実施された国家試験の問題集も各社から出版されており、書店でもWebでも購入可能です。また、無料で問題と正答が公開されているWebサイトもあります。

■過去問・模試の有効利用を

教科書や授業内容の見直しに加え、過去問を解くことや、学校で行われている模擬試験に参加することは非常に有効です。

点数をチェックするだけでなく、苦手な分野や、間違いのクセなどを見直し、自己分析を繰り返していくと、おのずと成績も上がっていきます。

また、正しい回答を選ぶことはもちろん重要ですが、4択のうち正解でないものについても、その内容を理解していることが大切です。

選択肢に提示された言葉がそれぞれ何を意味しているのか、どうしてその答えを選ばなかったのか、ということが説明できれば、同じテーマで出題の形態が変わっても正解を選ぶことができます。

■マークシート回答のコツを体で覚える

国家試験はマークシートでの回答なので、ケアレスミスで点を失うこともあります。わずかな言葉の違いによる“ひっかけ問題”を見抜く力や、文章を読み解く力も必要です。

また、苦手な問題が連続したり、出題傾向が予想を外れていたりしたことが原因で冷静さを欠いてしまうと、さらに間違いを増やしてしまうことになります。

回答するペース配分も重要です。たとえば併願の160問全部を全試験時間の240分で解答するには、1問を90秒以内に終える必要があります。このペースを体で覚えておくと、試験本番で焦りを感じることを防げます。

何よりも、落ち着いて問題の内容を理解した上で回答を選ぶことが、失点の防止になります。そういった心理的な部分も過去問や模試でシミュレーションしておくことが大切です。

■試験直前の対策

試験が近づいてきたら、残りの日数と、克服すべき点、解いておきたい過去問題などを整理してスケジュールに落とし込み、試験日に自分が“仕上がっている”状態に持っていけるよう調整しましょう。

試験直前には、会場へのアクセスを再確認し、天気予報をチェックして、悪天候などで交通に乱れが発生しないかといった予測を立てることも大切です。

そしてラストスパートと同時に心がける必要があるのが、体調管理のこと。試験実施の頃は、風邪やノロウイルス、インフルエンザの流行期と重なります。

うがい・手洗い・マスクの着用・人ごみを避けるといった予防の基本を守りつつ、睡眠、栄養補給、室内の保湿などにも留意し、万全の態勢で試験に挑みましょう。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター