柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

鍼灸師について

給料と初任給

■近年の給与相場

はり師・きゅう師の給与は、主に経験と役職、業種と地域によって左右され、勤務先の方針や経営状況によっても変わります。

近年の就職市場では、新卒者・未経験者の月給は18万円~25万円程度が相場で、経験者の場合は20万円~35万円程度が一般的です。

現場未経験者と、施術経験がある人では即戦力になるかどうかの違いがあるため、初任給の額にも差があります。

ただし、企業によっては初めから給与水準を高めに設定し、新卒既卒問わず同じ条件で働ける環境にしているところもあります。

また、同じ規模の院でも、首都圏と地方ではおよそ2~5万円ほどの幅で相場の違いが見られます。

一方、管理職としての役割や施術管理者の肩書、院長等の役職がついた場合は、35万円~100万円ほどの月給になる人もいます。

■福利厚生も重要

給与比較の際には、提示されている給与額や、金額の上下限幅に加え、各種福利厚生の充実度を確認する必要があります。

昇給・賞与はあるのか、残業手当は出るのか、交通費や住宅などの補助はあるか、ほか技能系の各種手当はあるのか、などがチェックポイントです。

たとえば、初任給25万円で手当が少なく、昇給の頻度もはっきりしない場合と、初任給は20万円でも交通費や住宅手当などの補助が手厚く、昇給は年1回、賞与も年2回確実に出る場合とでは、後者の方が年間の手取り額が高くなる可能性もあります。

また、固定給や諸手当の他に、患者の数や売上に応じて歩合給・業績給・インセンティブといった制度をとっている職場もあります。

■院内のポジションで金額は大きく変わる

初任給の違いは企業によって様々ですが、保険診療以外(自費)の治療メニューを積極的に取り入れて、売上を増やし、従業員に還元しようとしている企業もあります。

また、保険請求業務を担当する施術管理者になった場合も、手当が付いて給与のベースが高くなる傾向があります。

現場の施術者と施術管理者を兼任する場合は、鍼灸の技術に加え、事務処理を正確に遂行できる能力が問われることになります。院を運営する責任と資質が評価され、それに応じて給与も加算されます。

ほか、院長・副院長といった院をまとめる役職者や、広範囲に業務管理を行う役職者は、経験者の中でも月給が高くなります。

役職者、管理職者に求められるものは治療の技術だけではありません。院の売上を管理して、それに適した業務内容を考える経営力、スタッフへの技術指導や勤務管理ができる統率力、院外での付き合いや宣伝といった面での渉外力など、院全体を見通す視野の広さが必要です。

さらに、複数の鍼灸院を運営する企業では、院長よりさらに上の統括・エリアマネージャーという役職があります。各店舗を把握して管理するため、より高いマネジメント能力が求められます。

このような役職者は採用業務も担当することが多いため、自社に必要な人材の見極めと、求職者に対して自社の魅力を伝えることも仕事のひとつとなります。

はり師・きゅう師として長く活躍し続けていくためには、患者の信頼を勝ち取る施術の実力はもちろんですが、職場への貢献や役職を担当することが給与のアップにつながり、ひいてはそれが生活の安定、仕事へのモチベーションアップにもなります。

柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター