柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師の
求人・転職ならスリーサイズでみつかる。

お気に入り求人
お問い合せ電話番号:0120-38-43-38

業界ニュース

柔整・あはき施術の療養費改定について

6月1日から、療養費の改定が施行されました。2016年の改定以来、2年ぶりの実施です。

療養費の改定率は、診療報酬改定率の50%が慣例となっていましたが、今回も同様で、医科の診療報酬改定率0.63%に対して0.32%が療養費の改定率となっています。

改定の具体的な内容は以下の通りです。

柔道整復師の施術に係る療養費改定
・再検料・・・(旧)320円 →(新)400円
・柔道整復運動後療料(骨折・不全骨折・脱臼)・・・(旧)なし →(新)310 円(※新設)
・金属副子等加算(大型)・・・(旧)1,030円 → (新)950円
・金属副子等加算(中型)・・・(旧)910円 →(新)950円
・金属副子等加算(小型)・・・(旧)680円 → (新)950円

※柔道整復運動後療料について
・運動機能の回復を目的とした各種運動により、1回20分程度、柔道整復の一環としての運動による後療を実施した場合に算定。
・1週間に1回程度、1か月(歴月)に5回を限度とし、後療料の加算として算定。


あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の施術に係る療養費改定
◆あん摩マッサージ指圧
・マッサージ(旧)285円→(新)340円
・変形徒手矯正術(旧)575円→(新)780円
・往療料(旧)1,800 円、2 ㎞増すごとに770 円加算、片道8~16kmは2,310円加算
    (新)2,300 円、片道4 ㎞を超えたら2,700 円
・施術報告書交付料300 円(※平成30年10月1日より施行)


◆はり・きゅう
・施術料 1術[はり又はきゅう](旧)1,300円→(新)1,540円
     2術[はり及びきゅう](旧)1,520円→(新)1,580円
・往療料(旧)1,800 円、2 ㎞増すごとに770 円加算、片道8~16kmは2,310円加算
    (新)2,300 円、片道4 ㎞を超えたら2,700 円
・施術報告書交付料300 円(※平成30年10月1日より施行)


柔道整復施術の療養費は年々減少傾向
上記の数字だけを見ると、療養費が上乗せされた喜ばしいニュースのようにも思えますが、そうとばかりは言えません。

たとえば、柔道整復の施術所は年々増加しているのに対し、年間の療養費総額は年々減少傾向にあり、施術所あたりの療養費は確実に減り続けています。

参考までに、平成22年度の柔道整復療養費総額が4,068億円だったのに対し、平成26年度は3,825億円で、4年前の約94%に留まっています。

施術所の数は、平成22年は37,997件だったのに対し、平成26年は45,572件で、4年間で約120%という増加率です。

施術所の増加とは裏腹に、保険請求に対する規制などは年を追うごとに厳しさを増しており、今後もこの傾向が続くことが予想されます。


あはき業界は?
あはき業界は事情が異なり、平成22年度の療養費総額831億円に対して、平成26年度は1,050億円、4年間の増加率は約126%となっています。

これに対し、あはき施術所の数は平成22年が77,299件、平成26年は82,398件となっており、増加率は約107%という結果で、療養費の伸び率よりも低い数字に収まっています。

ただし、数字の上ではポジティブな結果になっていますが、実状は予断を許さない状況です。

平成30年度から、あはき施術所への受領委任が導入される、施術師養成施設のカリキュラムが追加される、国家試験の合格率は過去最低を更新しているなど、不安要素のあるニュースも続いています。

今後の療養費減少を避けるためにも、業界内の透明性を高め、不正防止などを徹底しつつ、東洋療法の重要性などを訴えながら業界全体でのイメージアップを図り続けることが大切です。
 

転職・就活情報を毎日更新中
就職を全力サポートするサイト
まずは会員登録(無料)へ → 登録はこちら

優先登録はこちらから
柔道整復師・按摩マッサージ指圧師・鍼灸師の求人情報ならスリーサイズで見つかる!
フェイスブック
ツイッター